近年、車好きの関心が高まりつつあるカーポート屋根の施工。 多彩なメリットを知ることで、施行サービスもグッと身近に!

カーポート屋根を設置するメリットの数々

当サイトへお越しいただき、誠にありがとうございます。
このサイトでは、カーポート・テラス屋根設置に関する様々なノウハウをご紹介させていただいております。
近年、カーポート屋根の施工サービスは赤丸急上昇中です。
お車を末永く、大切にできる環境が比較的リーズナブルな価格でゲットできるとなれば当然とも申せます。
ただ、多くのお客様が想像する以上に、カーポート屋根を設置するメリットは多彩を極めます。
その様々な強みを、専門用語をできるだけ省いたわかりやすい言葉でご紹介して参ります。
どうぞお付き合い下さい。

カーポート屋根のメリットの筆頭が雨除け効果。 悪天候時のストレスが大幅に改善されるのは大きな魅力!

カーポートで雨に濡れずに乗り降り

カーポートを設置される理由で皆さまが上げられるのは雨天時における高い快適性です。
ご自宅のカースペースでも、雨が本降りなら乗り降りのときに意外と濡れますからね。
車を運転されない方にも関連するメリットだけに、ご家族様の理解も得られやすいのではないでしょうか。
雨に濡れなければオシャレも楽しめる、髪型の崩れも気にしなくて大丈夫…と、想像を巡らせるほどにメリットは無数に浮かぶはずです。
そんな魅力的なパーツを、リーズナブルかつ気軽に設置できる…。
これがカーポート屋根の人気上昇の最大の理由です。

カーポート屋根は不意の落下物に対する強力な盾。 ガラスの何倍もの耐久力で、車&人をしっかりとガード!

カーポートで車を鳥の糞や雹から守る

屋根のないカースペースに駐車されているお客様の中には「空からの落下物」にお悩みの方も多いでしょう。
特に、日常的に機会が多い鳥のフンは頑固な汚れの原因となるだけに厄介です。
せっかくの愛車も、鳥のフンで汚れていれば魅力は半減。
そして、清掃するとなれば時間とコストも意外と高くついたり…。
このような負担を軽減するためにも、カーポート屋根は大きな役割を果たします。

劣化を早める紫外線をしっかり防止。 日除け効果で愛車を長く大切に!

カーポートで直射日光から車を守る

素材の劣化や退色の要因の一つが「日光」です。
当サイトを御覧頂いている方の中にも心当たりのある人は多いのでは?
近年はUV防止機能のついたワックスも出ていますが、こまめな塗替えが肝心。
その負担を負わないと劣化が早まる…。
お手入れに割く時間・コストの浪費も、換算すれば相当な負担になるに違いありません。
この負担を大幅に軽減する一つの手立てが、カーポート屋根の設置というわけです。
屋根付きの駐車場を探すよりも、やはりご自宅に停められるのが一番です。

夏の車内の酷暑は嫌悪感MAX。 カーポート屋根があれば差は歴然!

カーポートで車内の暑さが軽減する

夏は、少しエンジンを止めただけでも車内の温度は急上昇しますよね。
この直後の運転は超危険。操作性が落ちることに加え、集中力まで散漫にさせるからです。
また、お体の弱いお子様、お年寄りの方が熱中症になるだけでなく、命を落とされる事故のお話もたびたび耳にします。
そのような危険性は皆さまもご周知かと思われますが、この高温対策としてもカーポート屋根の設置をオススメしております。
「保管場所」という根本の部分を改善すれば、集中力を効率的に運転へ注げるのではないでしょうか。
今夏にぜひご注目下さい。

積雪・凍結…と何かと気を使う冬の駐車。 故障のリスクは夏以上だけに、油断は禁物!

カーポートで雪や霜から車を守る

カースペースの重要性を考えられるのは夏場という方が多いでしょう。
しかし、冬場の保管方法も極めて重要です。積雪や霜、凍結はいずれも故障に繋がる原因になり得ます。
それもエンジンの故障・フロントガラスの破損…などの重傷レベルのトラブルが目立つだけに警戒が必要です。
毎年のように積雪がある地域にお住いの方は関心度が高い傾向がありますが、温暖な地域でも北風を受けるエリアや山間部なら要注意。
この機会にぜひカースペースのよりよいあり方についてお考え下さい。

カーポートには税金がかかる!? この噂の真偽のほどは…。 毎年の出費の大幅な増減に関わる問題だけに見逃せない!

カーポートの固定資産税

「固定資産税」とは、建物・土地の所有者に対して毎年課税される税金のこと。
カーポートの設置を検討される多くの方は「持ち家」にお住まいだと思いますので、ご存じの方もおられるでしょう。
税率は地域によって異なるものの1.4㌫が標準。
これは建物が立地する市町村が作成した固定資産課税台帳に登録された価格を基準としています。
問題は「建物」という解釈にカーポートが当てはまるのか?
要点をピックアップして解説させていただきます。

施工計画時に重要なのが柱の位置。 配管位置に配慮しつつ、駐車のしやすさも考えて…

カーポートの柱の位置

カーポート設置のメリット≒屋根のメリットともいえるだけに、購入前に柱に注目される方はあまりおられません。 しかし、いざ施工計画が始まると柱に頭を悩ませされる可能性もあります。 特に悩みどころとなるのが
  • 柱の設置によって駐車が不便になる
  • 「柱の設置によって駐車が不便になる」を最大限に考慮したいところだが、配管などの障害物があって場所が限定的
の2点です。 いずれも、プロである施工会社に相談すればベターな策を打てるとは思いますが、事前にユーザーが電力会社などに問い合わせて把握しておけば、施工時の選択肢をより豊かにすることが可能です

施工計画の際は近隣住民にも配慮を。 最悪、弁護士絡みのトラブルに発展することも…

カーポートで近隣トラブル

カーポート屋根を原因とした近隣トラブルは残念ながら少なくありません。
1つは、隣民家との境界線に関わる揉め事です。
設置場所自体が隣接していたら直接の火種になるだろうし、施工後に変化した駐車のための切り返すコースにクレームがつくケースも多いようです。
これらのトラブルは法律に触れる可能性もあり、もちろん、施工側が訴えられる立場であるだけに無視できません。
施工後も気持ちよくカーポートを利用できると同時に、近隣の住民にもよりよい印象を与えられるように、十分な配慮を心がけるべきです。

カーポート設置の際に盲点となるのが勾配について。 ある程度の高低が必要だけど、有効高の変化にも注意を

カーポートと勾配と高さ

カーポート屋根を設置する際、商品を探すタイミングで現状のスペースの面積は調べられると思います。
しかし、意外と勾配については忘れてしまいがちです。
現在、設置されているカースペースのほとんどがコンクリート打ちです。
その際、雨水が流れるようにやや勾配がつけられているのが基本です。
しかし、この勾配によって、カーポート屋根を設置した際に有効高が低くなる可能性があることを押さえておく必要があります。
カーポートのスペックは水平に設置することを前提とした数字ですので、場合によっては車が入らない…なんて事態にもなりかねません。

毎年のように積雪がある地域にお住まいなら耐重量は要チェック。 屋根全体に負荷がかかるから、耐性が低いと全壊の危険も…

積雪地・豪雪地のカーポート

カーポートの耐久性は年を追うごとに向上しています。
それでも、「雪」の負荷には十分に留意する必要があります。
降雪量によってはメートル単位で降り積もりますし、それが屋根一面かかる重量は相当なものに違いありません。
そして、カーポート屋根をイメージすると、決して太くない支柱、それがモデルによっては2本…。
心配になりますよね。
また、倒壊した際の被害にも目を向けましょう。
支柱が折れる、パネルが破ける…などの全壊の恐れもありますし、そうなると車にも損傷がつくかもしれませんし、はたまた隣家に迷惑をかける可能性も十分にあります。

設置をご検討されているお客様の中で「もっと詳しく知りたい!」という方がおられましたら、別記事にてカーポート屋根の施工業者をピックアップしております。
その中のご近所の業者に直接質問下さっても問題ございません。
当サイトだけでなく、依頼する業者とのコミュニケーションを重ねるごとに知識を深めていただけるのが理想的な形だと考えます。