夏の車内の酷暑は嫌悪感MAX。 カーポート屋根があれば差は歴然!

カーポートで車内の暑さが軽減する

夏は、少しエンジンを止めただけでも車内の温度は急上昇しますよね。
この直後の運転は超危険。操作性が落ちることに加え、集中力まで散漫にさせるからです。
また、お体の弱いお子様、お年寄りの方が熱中症になるだけでなく、命を落とされる事故のお話もたびたび耳にします。
そのような危険性は皆さまもご周知かと思われますが、この高温対策としてもカーポート屋根の設置をオススメしております。
「保管場所」という根本の部分を改善すれば、集中力を効率的に運転へ注げるのではないでしょうか。
今夏にぜひご注目下さい。

直射日光が当たり続けた車は室温40度以上に昇ることも。車、運転者、同乗者の負担はいずれも甚大に…

酷暑の車内は事故要因の温床

直射日光の当たった車内はみるみるうちに温度が上がります。
季節が夏なら室温は50度以上をマークすることもあるようです。
冷房が回り切らない状況下の運転にヒヤッとした経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか?
注意力は散漫になりますし、汗で手・足の操作性も鈍るわけですから、運転するには状況は好ましくありません。
また、車内で待っていたご家族が熱中症になるというニュースも毎年のように聞かれます。
さすがに自宅での駐車スペースでは稀なケースかもしれませんが、命に関わる状況だけに大いに留意すべきでしょう。
これらの様々な事故のリスクを少しでも減らすための対策として、カーポート屋根の施工は一考の価値があります。

50度を上回ることもあるといわれる夏の車内温度。冷房で涼しくするための負担はかなりのものに…

酷暑の車内を涼しくするエアコンの負担も想像以上!

夏の直射日光に当たる状況に駐車していた車に乗れば、多くの方が即座に冷房をONにするはず。
しかし、車内は50度前後になることも珍しくなく、適温になるには相当な時間がかかります。
ボンネット内の温度が高いことも考慮すると、かなりのエネルギーが必要になることに疑う余地はありません。
このエネルギーとはすなわちバッテリーとガソリンのこと。
つまり、日光によって高温になった車に乗車するには相当なコストがかかっているというわけです。
ご自宅のカースペースに屋根があれば、この負担を大きく軽減することが可能です。

車内に放置した飲食物は食あたりの原因にも。夜のドライブの際も、日中の状況は忘れずに…

飲食物の腐敗にも警戒を!

40~50度と高温に達する夏の車内は、飲食物の取り扱いにも要注意です。
しかし、乗車するのは夜間がメイン…という方にとっては日中のヘビーな状況は忘れてしまいがち。
前日に置いたままのお菓子・お茶などについ手が伸びてしまう…という経験がある方もおられるのではないでしょうか。
同様のケースから食あたりを起こしたケースは、私の知り合いで確認済みです(苦笑)。
飲食物に手が伸びなくても、高温多湿は雑菌・ウイルスにとって最高のシチュエーション。
日中の駐車環境に目を向けることで、そのリスクを大きく軽減できると考えます。

高温対策におけるカーポート屋根の効果は実に優秀です。
事故リスクを軽減できるとともに、車内環境も改善できるのはご家族様にとっても大きなメリットではないでしょうか。
メーカーやアイテムによっては日除け効果も様々ですので、専門スタッフに相談をしながら最適なモデルを選ばれるのがオススメです。
推薦業者も別記事にピックアップしていますので、そちらもご参考に!