積雪・凍結…と何かと気を使う冬の駐車。 故障のリスクは夏以上だけに、油断は禁物!

カーポートで雪や霜から車を守る

カースペースの重要性を考えられるのは夏場という方が多いでしょう。
しかし、冬場の保管方法も極めて重要です。積雪や霜、凍結はいずれも故障に繋がる原因になり得ます。
それもエンジンの故障・フロントガラスの破損…などの重傷レベルのトラブルが目立つだけに警戒が必要です。
毎年のように積雪がある地域にお住いの方は関心度が高い傾向がありますが、温暖な地域でも北風を受けるエリアや山間部なら要注意。
この機会にぜひカースペースのよりよいあり方についてお考え下さい。

雪が降るとドライバーは気を使うことがいっぱい。積雪状況での車の始動はとても労力が必要で…

積雪時の発車を快適に!

積雪地域にお住まいのドライバーならご存知かと思いますが、雪が降ったら車の始動は結構面倒臭いものです。
そもそも、車の周辺に雪が積もるとエンジンや電気系統の温度が下がり、始動自体に悪影響が及ぶことも多々あります。
すなわち「エンジンがつきづらくなる」というわけです。
積雪地域でなくても、単車乗りの方ならより共感いただけると思います。
低温下でもスムースな始動に繋げる「冬用オイル」も一考の価値はありますが、「車に雪をできるだけ触れさせない」駐車環境を作ることが抜本的な改善策と申せます。

排気口が雪で塞がれている状況は事故リスクは急増。積雪時でなくても、閉ざすように溜まることもあるから…

排気口への積雪は要注意

積雪時は排気口の雪をどけてからエンジンをかける。
これは北国にお住まいのドライバーであれば常識です。
これを怠ると排気ガスが車内に逆流してしまい、最悪の場合は一酸化炭素中毒で死に至ることもあるからです。
これは寒冷地以外の方もぜひ覚えていただきたいケースです。
それは積雪時でなくとも、排気口を閉ざすように雪が溜まるケースが意外と多いからです。
始動時に注意を巡らせるとともに、保管場所という抜本的な解決にも考察を巡らせたいものです。

冬、フロントガラスに霜が降りたらリスクは増大。早く溶かそうと水分をかけるのは絶対にNG!

霜が降りたフロントガラスにお湯をかけると破損の可能性が…

雪が積もる機会は少ない温暖な地域でも、朝に霜が降りることはあるでしょう。
もし車体に霜が降りていると、始動の際は注意が必要です。
フロントガラスの大部分に影響があると、そのまま乗るのはNG。
しかし、早く溶かすためにお湯をかけてしまい、ガラスに亀裂が入ったケースは珍しくありません。
アルコールの霜取りや、エアコンを使った対策などの対策・防止策はいろいろとありますが、どれも時間や手間がかかる印象です。
その点、カーポート屋根は抜本的な改善策といえます。
雪はもちろんのこと、寒冷な風をカバーするだけでも差は歴然です。

四国在住の方でも、北風を受ける地域や山間部にお住まいの方の関心が高まっています。
ただ、低温下のリスクは西日本の全エリアで共通です。
季節に振り回されることのない愛車の保管方法として、ぜひカーポートをご検討下さい。