各メーカーのテラス商品は充実のバリエーション。 カスタマイズも視野に入れて、理想の形を徹底追求!

自宅の形状や趣向に合った ベストなテラス屋根を選択!

年を追うごとに、各メーカーのテラス屋根商品は多様化しています。
施工会社のサービスも細分化されていることを考えると、ユーザー側の選択肢はきわめて豊富です。
自宅の見栄えのよさを追求するのもアリですし、機能面を重視して選択するのも一手。
もちろん、数多強みを兼ね備えた上位スペックのサービスをチョイスするのもよいでしょう。
いずれにしても、施行会社との相談を密にするのが成功の秘訣。
そのためには、細やかなアドバイスをしてくれるテラス屋根専門の業者を選ばれるのがベターです。

テラス屋根の基本タイプは3つに分類。 それぞれの形状&概要についてご紹介!

テラス屋根のバリエーション

テラス屋根と一言にいっても種類は様々。 まずは代表的な設置ポイントごとに分けられます。 家屋の様々な場所に設置は可能ですが、出入りの頻度が多い上に施行の効果が期待できる場所として
  • テラスタイプ
  • バルコニータイプ
  • ルーフタイプ
の3パターンに分類されます。 この3種はメーカーだけでなく、多くの施工会社でも共有している考え方です。 その他、商品や施工会社によってはそれぞれは家屋から離した、独立した形での設置も可能です。

お住まいの地域の風速と照らし合わせて最適なモデルをサーチ!

風の強さを重視して テラス屋根を選択!

各メーカーのテラス屋根商品は、いずれも規格を満たした頑丈なアイテムばかりです。
ただ、屋外に設置したままの状態は意外と過酷なシチュエーションです。
特に劣化や破損の要因となるのが、日常的な負荷となる「風」です。
メーカー側も十分に考慮しているため、多くのモデルに耐風基準が設けられており、確認することが可能です。
ユーザー側はお住まいの地域の「基準風速」、そして台風時における「最大風速」などを事前にチェックしておくと、商品選びの際に安心に繋がります。

想像以上に負担が大きい積雪はテラス屋根の最大の敵。

お住まいの地域の積雪量も要マーク

テラス屋根を選ぶ際は、お住まいの地域の積雪量も肝心です。
降り積もる雪はイメージ以上に重たいため、テラス屋根の破損の原因となります。
もしも耐重量を無視して選ぶと、テラス屋根だけでなく、取り付けている壁やコンクリートが損傷することも…。
毎年のように雪が降る地域なら警戒されると思います。
温暖なエリアにお住いでも油断は禁物です。
◯◯島で▲年ぶりの降雪…というニュースが毎年のように聞かれますから、積雪の考慮は前提とされるのがベターです。

テラス屋根を施工するご経験は、人生でそう多くないはず。
そのために不安はつきものですが、「難しさ」は一切ありませんのでご安心下さい。
ただ、満足のゆく施工にするためには、一人で選ばれるのではなく、知識が豊富な専門スタッフと二人三脚で計画を進められるのが前提です。