毎年のように積雪がある地域にお住まいなら耐重量は要チェック。 屋根全体に負荷がかかるから、耐性が低いと全壊の危険も…

積雪地・豪雪地のカーポート

カーポートの耐久性は年を追うごとに向上しています。
それでも、「雪」の負荷には十分に留意する必要があります。
降雪量によってはメートル単位で降り積もりますし、それが屋根一面かかる重量は相当なものに違いありません。
そして、カーポート屋根をイメージすると、決して太くない支柱、それがモデルによっては2本…。
心配になりますよね。
また、倒壊した際の被害にも目を向けましょう。
支柱が折れる、パネルが破ける…などの全壊の恐れもありますし、そうなると車にも損傷がつくかもしれませんし、はたまた隣家に迷惑をかける可能性も十分にあります。

2~3センチでも毎年雪が積もるならそこは積雪地。カーポート屋根にかかる負担を十分に警戒して!

積雪地域にお住まいの場合

例え少々の積雪でもカーポート屋根への負担は相当なものです。
そのため、毎年のように降雪がある地域であれば、積雪に至る機会は少ないようでも警戒すべきです。
最近のカーポート屋根には、耐重量・対応する積雪量が明示されています。
お住まいのエリアで想定される積雪量よりも、できるだけ多めに見積もってカーポート屋根を選択しましょう。
温暖な平地エリアでも、積雪30センチ対応ラインはまったくおかしい選択ではありません。
また、雪とともに風も防ぐような囲う形状での加工も安心・安全に繋がる選択です。

積雪の多い地域なら厳重な計画が不可欠。雪が溶けづらい山間部エリアも用意周到に!

豪雪地仕様の耐重量の目安

積雪の多い地域にお住いなら、積雪100センチ~に対応する豪雪地域向けモデルを視野に入れましょう。
実際に想定される積雪量だけでなく、日照量も重要なカギとなります。
降雪量自体は大したことがなくても日陰がちであると雪がなかなか溶けづらく、パネルにかかる負荷が長期に渡ることで屋根が損壊してしまうことも十分に考えられるからです。
カーポート屋根の損壊は車、人、隣家に及びます。
そのため、「絶対に倒壊しない施工計画」を立てるべきです。
後々に経済的損失を招くのであれば、安全が手に入る妥当なラインを判断して初期投資を惜しまずに実行する方が建築的といえます。

前述の通り、積雪によるカーポート屋根の損壊被害は予想以上に甚大です。
あまり考えたくはありませんが、最悪の状況を想定した上での選択を心がけたいものです。
その意味でいうと、商品選びはコストが許す限りオーバーパワーが理想的といえます。
ぜひ長い視点での施工計画をお立て下さい。