デザイン・形状・機能まで、カーポート屋根の選択肢は豊富。 基本機能が向上してるから、見栄えを優先したチョイスもアリ!

選ぶ段階から楽しい 多彩なカーポート屋根

近年はユーザーのニーズの拡大に比例して、カーポート商材もバリエーションが豊富になりました。
独自のカスタマイズもウリにした施工会社も多く、ユーザーの選択肢は膨大な数といっても過言ではありません。
それは消費者としてメリットになる反面、商品選びの迷いのキッカケになることも否めないのも事実です。
そこで、多彩な選択肢からよりよいサービスを掴むためにの基準を紹介させていただきます。
まずは必要とされる要素を絞り込み、ベストなプランニングを見つけ出しましょう。

まずは所有している車のサイズを要チェック。 その中から家屋の形状&空気感に見合うモデルを探索!

所有する車のサイズ別カーポート

カーポート屋根を選ばれる際に基準の一つとなるのが車種・台数から割り出される必要面積です。
所有台数が1台でしたら、車種から対応するモデルをピックアップしましょう。
軽自動車から大型のアウトドアモデルまでの幅広いサイズがラインナップされているので、最適なサイズは見つかるはずです。
ただ、施工会社によってはサイズ調整も可能ですので、基準にとらわれ過ぎずにデザインの好みも頭の片隅に置きながら選ばれるのがよいでしょう。

車の所持台数に応じたラインナップも充実。 複数台数でも最適なプランが見つかる!

所有台数別カーポート

近年のモータリゼーションの普及によって、複数台数の車を所持される方が増えました。
ご家族みなさんが乗られる場合は、4~6台所持されているご家庭も多いものです。
そのような状況に応じて業者側も複数台数の施工を実績を重ね続けているのでご安心下さい。
プランニングの提案から施工作業まで、手際のよさに驚かれるかもしれません。
家屋の形状が独特でなければ、1~2台用のカーポート屋根の連結が基本ですので、複数台数を所持されるユーザーさまの選択肢は豊富なままなのです。

意外と見落としがちなのが車高サイズ。 今後の乗りかえ計画もしっかりと想定して!

有効な高さ別カーポート

カーポート選びの際は車高も事前にチェックしなければなりません。
隙間があり過ぎると雨やゴミが流入しますし、そもそも「入らない」のは論外です。
現在お持ちの車でしたらそのような事態はないと思われますが、今後の乗りかえ、または会社でお使いの車ならあり得る話です。
また、ルーフーキャリアの取り付けも計画に盛り込む必要があります。
乗る予定があるお車のサイズを調べた上で、専門スタッフとともにカーポートのサイズを選ぶのが安心です。

カーポート屋根への負荷が高い積雪には要注意。 「雪なんて滅多に降らないから…」という油断は禁物!

積雪地域別・強度別カーポート

カーポート施工後に憂慮すべきなのが積雪です。大雨・強風に対しての耐久性はほとんどのモデルでクリアしています。
ただ、積るごとに重量が増す雪は危険です。もし耐重量を無視して屋根を選択すると、積雪の際はパネル損傷の可能性も否めません。
異常気象と呼ばれて久しい昨今だけに、温暖なエリアといえども油断は禁物です。
最近では沖縄でも降雪があったとニュースで聞かれました。
わずかな量でも水気をしっかり含めばかなりの重量となります。
カーポートを選ぶ際はくれぐれも積雪を想定した上でチョイスして下さい。

カーポート選びに心配は一切不要です。
もし検討されている屋根がお住まいの地域・家屋にマッチしていなくても、施工会社のスタッフがきちんと説明した上で、別の選択肢を提案されるはずです。
特に、当サイトでリコメンドさせていただいた業者のサービスは充実していますので、安心してご利用いただけます。気軽にお問い合わせ下さい♪