車の所持台数に応じたラインナップも充実。 複数台数でも最適なプランが見つかる!

所有台数別カーポート

近年のモータリゼーションの普及によって、複数台数の車を所持される方が増えました。
ご家族みなさんが乗られる場合は、4~6台所持されているご家庭も多いものです。
そのような状況に応じて業者側も複数台数の施工を実績を重ね続けているのでご安心下さい。
プランニングの提案から施工作業まで、手際のよさに驚かれるかもしれません。
家屋の形状が独特でなければ、1~2台用のカーポート屋根の連結が基本ですので、複数台数を所持されるユーザーさまの選択肢は豊富なままなのです。

注文数が最も多いのはやはり1台用。選択肢も豊富だから自分好みが必ず見つかる!

1台用のラインナップ例

今後の購入予定も含めて、車の所持台数は1台という方が最も多いようです。
そのため、メーカーが作る商品のラインナップもとても豊富です。
その中で、車にジャストサイズとなる基本型と、全長の長い車への対応を考慮した基本+延長型の2
種に大別してサービスを考える施工会社が多い傾向があります。
種類はもちろん、価格幅も非常に広い点も嬉しい限り。
中でも20万円から施工が可能なネスカシリーズは根強い人気をキープしています。
また、70万円~と比較的高価なGルーフシリーズも充実した機能にへビーユーザーの人気を集めています。

2台用モデルから形状の種類が一気に増加。柱の配置方法にも複数のバリエーションが存在

2台用のラインナップ例

2台用のカーポート屋根は、柱の配置方法によっていくつのタイプが存在します。
  1. 支柱を屋根の4角に配置するワイドタイプ
  2. 基礎となる2本の支柱を真ん中のラインに配置するY合掌タイプ
  3. 片方向に2本の支柱を配置した1台専用を、挟み込む形にして2台用にアレンジしたM合掌タイプ
  4. 片側支持の1台専用を、縦長に並べた縦連棟タイプ
以上の4種類に分けて考えるのが近年の傾向です。 価格は2.4が比較的手頃で、2の人気商品であるネスカシリーズなら30万円から施行が可能です。 3は40万円~と比較的高価ですが、パークコートシリーズなどを見ていただくとわかるよう、オリジナリティのある洗練された見た目に人気が集まっています。

近年は複数台用のモデルも多種多様に。駐車スペースだけでなく、様々な活用方法が!

3台以上用のラインナップ例

近年は複数台用カーポートの施工も増えているようです。 ただ、メーカーから出ている商品のほとんどが3台用までです。 それ以上の数になると、施工会社独自の施工計画に基づいたサービスとお考え下さい。 基本的なパターンは
  • 支柱を両角に配置したワイドタイプ
  • 1台用の片側支持タイプを3つ組み合わせた合掌タイプ
この2つが3台用モデルの基本型です。 4台以上のカーポート施工は
  • 1~2台専用モデルを組み合わせた形
での施工が基本となります。 先々に所持する車の台数が増減する可能性もあることから1台1台増築される方も多いようですが、一度に施工を完了させた方がコストを大幅に抑えられます。 価格は、3台はリーズナブルなネスカシリーズなら40万円から施行が可能です。 業者ごとに多彩なプランを用意していると思いますので、施工をお考えなら気兼ねなく問い合わせてみて下さい。

限られたスペースに軽自動車1台用のモデルを設置するのも気兼ねは不要です。
都心部でのカーユーザーが増えてることから、ミニマムな商材も近年は増加しています。
また、カスタマイズを得意とする施工会社も多いので、気軽に相談してみましょう。